ふるさと納税は住民税が控除され特産品がもらえる!

今年度のふるさと納税の受付期限が迫っています。ふるさと納税では、応援したい自治体に寄附をすると、返礼品として、寄附をした自治体の特産品・名産品がもらえます。さらに住んでいる自治体の翌年の住民税が控除されます。これは利用するのがお得ですね。今年度の利用が来年反映されるのは、12月31日分までです。来年度に控除を受けたいと思ったら、12月31日までに寄附を済ますことがポイントです。ふるさと納税をするときは、「ワンストップ特例制度」で税金控除手続きをするのが便利です。

コンテンツ

ふるさと納税とは

ふるさと納税控除に上限額がある

税金控除の手続きは「ワンストップ特例制度」が便利

ふるさと納税の返礼品を探す

カテゴリー、寄附金額、地域(自治体)から探す Wowma!ふるさと納税

趣向をこらした返礼品特集がおもしろい さとふる

おいしい特産品に特化したふるさと納税 ふるさと本舗

自治体のプロジェクトを応援するふるさと納税 ふるなびクラウドファンディング

買い物するだけでふるさと納税の申し込みが完了する 楽天のふるさと納税

めんどうなふるさと納税の手続きを代行してくれるサービス

ふるさと納税偽サイトに注意

ふるさと納税を利用して地域の特産品・名産品をゲット

ふるさと納税で応援したい自治体に寄付をすると、その地域の特産品・名産品がお得な価格で手に入れることができます。ふるさと納税を多いに活用しましょう。

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、応援したい自治体に寄附をすると、2,000円を超える部分が住んでいる自治体の住民税から控除される制度です。さらに寄附のお礼として、寄附をした自治体の特産品や名産品などが返礼品としてもらえる仕組みです。負担金実質2,000円で、さらに魅力的な返礼品をもらえる。これは利用するのがお得ですね。

毎年1月1日~12月31日に寄付した分が、翌年の住んでいる自治体の住民税から控除されますので、翌年の住民税控除に反映させたいと思ったら12月中に寄付をする必要があります。

総務省は、返礼品を地場産品に限ることや、寄附額に占める返礼品調達費の割合(返礼割合)を30%以下にすることなどを法制化し、守らない自治体には寄附しても税の優遇措置を受けられないように通達しています。返礼品がこの通達に抵触しないか確認する必要があります。でないと、せっかく寄附をしても住民税の控除を受けられなくなります。

ふるさと納税控除に上限額がある

ふるさと納税して住民税の控除を受けるには、年収と家族構成により上限額があります。こちらでチェックできます。

控除額シミュレーション(簡易版)

この上限額というのは、自己負担額が2,000円で収まる納税額という意味です。この上限額以上のふるさと納税をすることができないということではありません。

税金控除の手続きは「ワンストップ特例制度」が便利

このあと紹介するふるさと納税返礼品のサイトから返礼品を選び、寄附を行って返礼品が届いただけでは税金は控除されません。税金控除の手続きを行う必要があります。

手続きの方法には「ワンストップ特例制度」(翌年1月10日まで)と「確定申告」(翌年3月15日まで)の2種類があり、いずれかで手続きが完了すると税金の控除が受けられます。

「確定申告」は、住んでいる自治体で行うもので、誰でもご存知ですね。

「ワンストップ特例制度」は、ふるさと納税に特有のもので、「ワンストップ特例申請書」と、マイナンバーカードのコピーなど必要書類(自治体によって異なるので確認が必要)を寄付した自治体に送ることによって、寄附した自治体から住んでいる自治体に控除の手続きが行われて、住民税が控除されるというものです。ワンストップ特例申請書は、寄附した自治体それぞれに送る必要があります。

「ワンストップ特例制度」を利用できるためには条件があります。

1.1月1日~12月31日の1年間の寄附先が5自治体以下であること
2.確定申告をする必要のない人、つまり収入が一般の給与所得だけという人
従って、個人事業主、年収2,000万円以上の人、医療費控除、住宅ローン控除を申請する人などは、確定申告で申請しなくてはなりません。

詳しくはこちらをご覧ください。

ワンストップ特例制度

ふるさと納税の返礼品を探す

どのような返礼品があるのでしょうか。返礼品を検索できるサイトを紹介します。

カテゴリー、寄附金額、地域(自治体)から探す Wowma!ふるさと納税

肉、魚介類、工芸品など、返礼品の26のカテゴリー、寄附金額、地域(自治体)から探すことができます。

このサイトでは、総務省の返礼品に関する通達に抵触するものは取り扱っていませんので、安心して寄附していただけます。

Wowma!ふるさと納税

趣向をこらした返礼品特集がおもしろい さとふる

カテゴリー、地域から選べるのはもちろん、趣向をこらした特集から選ぶことができます。フルーツ特集、魚介特集、BBQ特集、木のぬくもり特集など、たくさんの特集を組んで紹介しています。

さとふる

また、ここには「カンタン確定申告サービス」というツールがあり、複数の自治体に寄附していても1回の手続きで還付・控除ができたり、住宅ローン控除利用者にも対応しています。

おいしい特産品に特化したふるさと納税 ふるさと本舗

全国のおいしい特産品に特化したふるさと納税ポータルサイトです。ブランド和牛やカニ、シャインマスカットなど普段はちょっと手が出せない美味しい特産品を取り揃えています。

ふるさと本舗

自治体のプロジェクトを応援するふるさと納税 ふるなびクラウドファンディング

自治体または、自治体が認めた個人・団体がクラウドファンディングのプロジェクトオーナーとなり、「ふるさと納税」の制度を利用して資金を募るクラウドファンディング型のふるさと納税です。
地域が抱える課題解決のために掲げられたプロジェクト(使い道)に共感し、プロジェクトに対して寄附していただくため、寄附者の想いをダイレクトに反映させることができます。

ふるなびクラウドファンディング

買い物するだけでふるさと納税の申し込みが完了する 楽天のふるさと納税

ふるさと納税の手続きは各自治体によって異なります。ふるさと納税をしたい人は、自治体のホームページなどで調べる必要があります。しかし楽天のふるさと納税は、楽天のサイトで対象の自治体の返礼品を選んで買い物をするだけで、その自治体への納税の申し込みができます。

楽天ふるさと納税

ただし、楽天に参加している自治体が対象となりますので、全ての自治体に対して納税手続きができるというわけではありません。

めんどうなふるさと納税の手続きを代行してくれるサービス

忙しい方にとっては、ふるさと納税の手続きをしている時間がないかもしれません。そのような方に、ふるさと納税の手続きを代行してくれるサービスがあります。対象は現在、新潟県津南町だけです。返礼品の魚沼産コシヒカリは定期便で届けられます。

また、一般的な定期便は数か月から1年間の契約となっており、継続をする場合は再度手続きをする面倒さがあります。1年も前の手続きなのでどうやったか覚えてない、思い出すのが面倒という方も多いでしょう。このサービスは、1回の申し込みで、あとは毎年手続きをしてくれます。

忙しい貴方のためのふるさと納税【ふるサポーターズ】

ふるさと納税偽サイトに注意

ふるさと納税の偽サイトが増えています。本物の公認サイトとそっくりのサイトで見分けが難しいです。うっかり寄附をしても、返礼品が届かずだまし取られたり、住所やクレジットカードなどの個人情報が盗まれたりします。

そっくりすぎて見分けがつかない!ふるさと納税”偽サイト”の手口

総務省でも注意を喚起しています。

このページで紹介しているふるさと納税サイトは、このような偽サイトには一切リンクしていませんので、安心して寄附していただけます。