遠くても安心 一人暮らしの家族をそっと見守る

最近一人暮らしの高齢者の孤独死が増えています。一人暮らしの高齢者が離れた場所で暮らしている家族は、今どうしているか毎日心配です。遠く離れた場所に住んでいる場合は、そんなに頻繁に見守りに行けません。そのような高齢者をかかえた家庭に便利なシステムがあります。東京電力が展開している”Tepco 遠くても安心プラン”す。毎日使用している家電の使用状況から、一人暮らしの高齢者の安否を確認するというシステムです。

”Tepco 遠くても安心プラン”とは

一人暮らし高齢者のお宅にある、8つの家電(エアコン、炊飯器、電子レンジ、掃除機、テレビ、IH、洗濯機、ヒーターなどの高熱家電)の電力波形の動きをAIが読み取ることによって、これらの使用状況をスマホで確認できるサービスです。

家族を電気の使用状況で見守る【遠くても安心プラン】

見守られる側(高齢者)は、カメラのように監視されているという感覚はなく、見守る側も見守られる側も気兼ねなく利用できます。こちらのYoutube でイメージをご確認できます。

一人暮らし高齢者の状況をスマホで簡単確認



8つの家電の利用状況を記録して、その利用状況をスマートフォンで見れるので、暮らしぶりが細かい点までわかります。遠く離れていても安心して見守ることができます。

また、通常とは異なる家電の使い方(猛暑にエアコンを利用していない等)をした時など、いつもと様子が違う場合に、見守る側に確認のメールを送信します。

一人暮らし高齢者を訪問確認

実家が遠くて行けないような場所に一人暮らしの高齢者が住んでいる場合、見守る側の依頼を受けて、年2回までスタッフがご家族のもとに伺います。在宅が確認できた場合は、見守っている方からの要請である旨を伝えますので、不審に思われることはありません。

宅内機器の設置は簡単

見守られる方の自宅の分電盤に手のひらサイズのセンサーを取り付けるだけです。カメラの設置やペンダントを携帯する必要もありません。

通信手段として、設置宅にはインターネット(Wi-Fi)の無線環境が必要です。設置宅にインターネット環境がない方は、ルーターのレンタルをしています。格安プラン×ルーターセット

東京電力契約エリアだけでなく、日本全国のエリアで設置可能です。(沖縄と離島を除く)